MENU

CLOSE

鼻の黒ずみを改善する正しい洗顔の方法とは?

鼻の黒ずみを改善する正しい洗顔の方法とは?

132views

カテゴリ:いちご鼻の黒ずみ改善と対策法!

正しいクレンジングの仕方について

 

鼻の黒ずみを改善する対策として、クレンジングは非常に重要ですね。ファンデーションなどの化粧成分が残っていると、毛穴が広がって角栓などの黒ずみの原因になってしまいます。まずクレンジング剤についてですけど、汚れがよく落ちるのでオイルクレンジングを使っている女性も多いと思います。

しかし実は、黒ずみ対策にはオイルクレンジングが逆効果になってしまうということをご存じでしょうか?市販のオイルクレンジングは鉱物油を使用しているため、洗浄効果が高く、必要以上に皮脂を取り過ぎてしまうんですね。

使えば使うほど皮脂が過剰に分泌されるため、かえって鼻の黒ずみを改善するのが難しくなってしまいます。クレンジングはメイクがしっかり落ちればよいので、皮脂を落とし過ぎず、肌に負担のかからないものを選ぶようにしましょう。

指が肌に直接当たりやすいと摩擦によって肌を傷つけてしまうため、ジェルやクリームタイプのものがオススメですよ。また人気が高いホットクレンジングも良いですよ。ポカポカと温かくなることで肌の血行を促進し、毛穴を開かせるというのが最大のメリットで角栓にも効果が期待できます!

ただし使用する量が少ないと、摩擦で肌を傷つけてしまいますし、毛穴にメイク汚れが残ってしまうため、たっぷりめに使うようにしてください。正しいクレンジング方法を実践していけば、次第に鼻の黒ずみが目立たなくなっていきますよ。

>>ホットクレンジング詳細ページへ

正しい洗顔のやり方とは?

皮脂は夜寝ている間にもどんどん分泌されていますので、朝起きたら洗顔をして皮脂を取り除かなければ、鼻の角栓や毛穴がさらに大きくなってしまいますね。ということで洗顔は朝と夜、一日二回行いましょう。

かといってあまり一生懸命洗顔してしまうと、皮脂の過剰分泌によって鼻の黒ずみがさらに悪化してしまうこともあります。気になっても洗顔は一日二回までにしましょう。では正しい洗顔方法の手順をご紹介しますね。

<やり方1>洗顔料を泡立てる

泡立てネットを使って、洗顔料に水を足しながら出来るだけきめ細かい泡をたっぷりと作っていきましょう。目安は生クリームのようにもっちりとした泡で、手のひらに乗せて逆さまにしても落ちないくらいが理想です。

水分が多すぎると泡がすぐにへたってしまいますが、水分が少なくても洗顔料の成分が濃くなり過ぎて肌に負担がかかるので、水の配合の仕方をうまく調整してくださいね。

<やり方2>泡で洗顔する

もっちりとした理想的な泡が出来たら、指が直接肌に当たらないよう泡をクッションがわりにします。くるくると円を描きながら、小鼻や溝などの細かい部分まで泡を行き渡らせて、毛穴の汚れを落としていきましょう。あまり長時間やると肌に負担がかかるので、泡を乗せている時間は2分以内にしてください。

<やり方3>ぬるま湯ですすぐ

泡が肌から完全になくなるまで、ぬるま湯で丁寧に洗い流します。水の温度は、ぬるま湯がベストです。冷たい水だと毛穴が閉じて角栓が抜けにくくなりますし、熱いお湯の場合は余計な皮脂まで取りすぎて乾燥肌の原因になってしまいます。

<やり方4>優しくタオルドライする

しっかりとすすぎが出来たら、最後に清潔なタオルで顔を拭きます。ゴシゴシとこすらず、優しく水分を吸い取るように、タオルでポンポンと軽く押さえる程度にしてください。その後しっかりと保湿をして、肌の水分を閉じ込めたらケア終了です!

こうした正しい洗顔を続けていくと、毛穴が小さくなって角栓ができにくい肌になっていきますので、鼻の黒ずみも目立たなくなっていきますよ。反対に間違った洗顔を続けている限り、いつまでたっても黒ずみの悩みからは抜け出せず、むしろ悪化していちご鼻になってしまう可能性もあります。

鼻の黒ずみを改善する対策は色々とありますが、一番基本となるのは洗顔です。正しい洗顔方法を実践して鼻の黒ずみを撃退しましょうね!

両手を洗う女性

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事